スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
気をつけて!
まいった!

ココ最近blog書けなかった理由。。。

17日だったか熱っぽくなったのは。
18・19・20日の三連休に38℃以上の熱が出ちゃいました。
平熱35.2℃とかなので、死にそう・・・
喉が痛い訳でも、鼻が出る訳でも、頭が痛い訳でも何でもなく。。。
体の節々が痛い!
これは高熱の前兆だと自分でわかったので
薬を飲んで抑えての仕事。
だってその三連休はcafe jintaの前の三条通りで京都烏丸三条アートフリマが開催されていたので
絶対に休みにする訳にいかず・・・
で、21日火曜日は定休日だから一人でゆっくりしてたけど、
あっちゅー間に保育園のお迎えの時間。
暴れん坊将軍が帰ってきたら、お風呂に入れてなんだかんだしてたら
熱があがって・・・
またそうゆー時に限って将軍は寝ない(泣)
もうダメ!ってなり
内勤していた父ちゃんに電話して帰ってきてもらった。
翌日朝方から何だか体に異変が・・・
あらーーー↓
ジン麻疹が出てきた。
熱あって食欲なくて、ジン麻疹で寝れなくて、フラフラで死にそうになり
24日朝から病院にやっとこさ行き点滴して栄養入れてもらった。
でも今も体の痒みは続いてる・・・(泣)

ガンバレ!me(自分)


最近涼しくなってきましたので、体調にはくれぐれも気をつけてくださいね。
ママ達は体調悪くなっても育児はありますから^^;

痒くなってきたので薬飲んで寝ます。
明日は、Kの8ヶ月検診が保険所であるので。
楽しみ♪


スポンサーサイト

【2010/09/27 22:48】 日記 | トラックバック(-) | コメント(6) |
mama cafeについてのコメント
mama cafe @ cafe jinta
blogを書いてから、たくさんの(?)コメントを頂きました。
ありがとうございます。
京都や関西以外のお住まいの方も「行きたい!」と言って頂けてとても嬉しく、励みになりました。
是非京都にお越しの際には、お立ち寄りくださいね。
ってか、
cafe jinta @ kyotoを目指して京都に来てください^^V
金曜日以外でもcafe jintaは子連れOKのカフェですが、それでも皆さん暗黙の了解で子供がグズルと外に出て頂けてます。
金曜日はそんなことも気になさらなくてもィイようにしていきたいです!
でも、cafeを始める時から考えていたコトではなかったので、
赤ちゃんを抱いたまま座りやすいイスじゃないかもだし、授乳室があるわけでもないし、
トイレも・・・などいっぱい考えましたが、ご了承ください。
でも、赤ちゃんのオムツ替えが出来るように考えましたので、お声をかけて頂くと
ある物をご用意いたしますね。
ナ・イ・ショ!
是非是非、ご利用頂いて、ママ達のストレス発散に役立てればと思います。

あーそう!そう!

離乳食の準備とかはナイので。。。
ごめんなさい!




【2010/09/27 22:23】 jinta | トラックバック(-) | コメント(0) |
mama cafe @ cafe jinta
mama cafe @ cafe jinta
と題しまして、ママ達の為に始めます!

出産後って一ヶ月は絶対に赤ちゃんを連れ出していけない。
ってコトは、ママも出てはいけないってコトですよね?
一ヶ月出なかったからって2ヶ月入ったから出れるって訳でもないし・・・
で、meもそうでしたが、「産後うつ」っぽくなるコトが多いのです。
出産後の病院や区役所などの検診で「ママ友」が出来た人もいるかも
しれませんね。
ママ友が出来て色々相談しあったり出来ますが、
赤ちゃんを連れてcafeには、中々行けません。
cafeって赤ちゃんや子供を連れて行くと、うるさくなるので
嫌がられるコト多いですよね?
で、cafe jintaは、そんなママ達の行ける、行きやすい店として
mama cafeを始めるコトにしました。
毎週金曜日は、ママやベビーに優しく、ママも他のお客様がいらしても
気にせずに赤ちゃんといれる時間ってコトです!
ママ友がほしい。
先輩ママに相談したい。
って方は、是非とも足をお運び頂きたいと思います。


mama cafe1



【2010/09/21 00:00】 jinta | トラックバック(-) | コメント(7) |
まだまだ
なんとも言えないbabyの手足。
まだまだ手は握ったままが多い。
しっかりハイハイをするようになったら開くコトが多くなるようだけど・・・

2010822 (1)


だけど、こんな表情もするようになっちゃいましたよぉ~

2010822 (7)


8月22日撮影


【2010/09/20 00:00】 baby | トラックバック(-) | コメント(0) |
登園前に。
最近は、保育園行く前に急に眠くなるようで
ぐずる・・・ぐずる・・・
やっと寝たと思いきや登園する時間
抱き上げると起きてしまう
寝ていたらィイのに・・・
エレベーターで眠いのに必死で目を開けて起きようとしてる

2010821エレベーター


8月21日撮影


【2010/09/19 00:00】 baby | トラックバック(-) | コメント(4) |
離乳食⑤
コレは8月17日に初めて野菜葉を食べさせた。
ほうれん草をすごくおいしそうに食べてたら。。。

2010817離乳食5 (3)


じょうだんじゃーないよ!
2010817離乳食5 (7)

昔こんなんあったよなぁ~w


【2010/09/17 00:00】 baby | トラックバック(-) | コメント(0) |
歯磨き練習
おそるおそる
2010814歯磨き練習 (2)

ちゃんと持ってガシガシ
2010814歯磨き練習 (1)

それでも立とうとするぅ~?
2010814歯磨き練習

この赤ちゃんらしくない顔。
2010814歯磨き練習 (3)

これからもちゃんと歯磨きしていこうね。

8月14日撮影



【2010/09/16 00:00】 baby | トラックバック(-) | コメント(8) |
7ヶ月にもなると。
泣いたり。。。  どうしたん?
20108207ヶ月 (17)

笑ったり。。。  すごく楽しそう♪ (足!小林明かっ!)
20108207ヶ月 (23)

喜怒哀楽が激しく表現できるようになったK。
この日は7ヶ月になった日。
baby顔→kids顔になってきて、男の子の顔になったと思う今日この頃。
20108207ヶ月 (26)


8月20日撮影


【2010/09/15 00:00】 baby | トラックバック(-) | コメント(8) |
何でも
子供って何でもおもちゃに出来る特技があるね。
ミルクやマグを入れるBAG。
コレについてるチャックがスキみたい。

2010813山科 (3)

必死!
何をどうしたいんだろう?

2010813山科 (4)


8月13日撮影
【2010/09/13 00:00】 baby | トラックバック(-) | コメント(4) |
そんなにスキか!?
なぁなぁ~何狙ってるん?
20108207ヶ月 (10)
それかぁ~ 母ちゃんのtoy storyマグ
20108207ヶ月 (14)
最近cupがすごくスキなんだよなぁ~
20108207ヶ月 (13)
スキだからって、顔まで入れんでも。。。
20108207ヶ月 (12)
えーーー! そこまでかぁー?www
20108207ヶ月 (15)


8月20日撮影


【2010/09/12 00:00】 baby | トラックバック(-) | コメント(2) |
こわ~い顔。
なんでもオモチャにして楽しく遊んでると思いや。。。

20108207ヶ月 (7)
なんでそんな怖い顔してんねん?  ↑↓
20108207ヶ月 (9)8月20日撮影
なんか必死?
う~ん。。。わからないコトが多い。


今は仕事途中に保育園にお迎え行って、お風呂入れて、
アレしてコレして・・・
仕事に戻らないと。
一緒にいたいなぁ~(泣)
でも、今日はcafe jinta4th anniversaryで
これからLiveが始めるんです。
なのに、スタッフがいないので出勤です^^;

 


【2010/09/09 00:00】 baby | トラックバック(-) | コメント(6) |
父ちゃんとボク②
2010816父ちゃんとボク (4)

ホントにこうゆう写真を見ると
幸せだなぁ~って思う。

2010816父ちゃんとボク (1)

しかし父ちゃんは写真写りがよくない。。。
嫌いなのか?
Kの笑顔を見習っておくれやす。



8月16日撮影


【2010/09/08 22:00】 baby | トラックバック(-) | コメント(2) |
9月7日nanny_bot@twitter
物を数えることを幼児期にたくさんやってくださいね。「数」の世界はムズカシイ・・・「文字としての数字」「順番としての数」「量としての数」 3という文字と物が3つあるということ、また、3番目ということ・・・同じ3でもイロイロですね。
posted at 23:00:00

小さいころはお風呂のでの数数え、よくやりましたよね?100まで数えてあがろうね、とか。パパの仕事かな? 小学生になってもやりましょう。昨日は150まで数えたから、今日は151からね。数えて聞かせるのが基本
posted at 21:59:57

子どもは「試される」のが嫌い。算数が得意じゃないからって、「さあ、1から数えてごらん?」と怖い顔で言わないでね。数えたがらなかったら、数えて聞かせましょう。
posted at 20:59:56

小学1年生でも2年生でも算数が得意じゃないお子さん、1からいくつまで数えられるかな?数数えが算数の基本です。200以上まで大丈夫?
posted at 20:00:05

「がんばらなくっていいからさ とにかくうごくことだね」相田みつを #quote
posted at 18:59:59

「こうしなさい」「ああしなさい」という、指示・命令のかわりに 「依頼」してみませんか? 「○○してくれる?」「○○してもらえると助かるわ」 依頼の言葉だと「ママうれしいな」や「ありがとう」のアイメッセージを伝えることもできますね。
posted at 17:59:57

子どもが親の思いどおりに行動してくれないとイライラしますよね。つい言ってしまう指示語命令語。「これしなさい」「あれやんなきゃだめでしょ」 指示され命令されて育った子どもたちはどんな人になるでしょう・・。自分で考え行動する子に育つかな?
posted at 16:59:58

朝の支度は大変ですね。「早く起きなさい」のかわりに「○時です。起きま~す!」・・・命令語ではなく、主語が子ども本人の「○○します」という言い切りです。「さっさとお洋服着て!」ではなく、「靴下はきます。」「上着を着ます。」やってみてね。
posted at 16:00:02

前の日からその日の行動を言っておく。明日は○時までに○○に行かなきゃいけないから、○時に起きて、○時には朝ごはんを食べ終えて、などと小さいから分からないだろうではなく、小さくてもしっかり説明しておきましょう。「早く」と言わずに「あと○分で○時だから○○しようか」と言います。
posted at 14:59:57

「早く」と言い続けて育てて はたして自分からの行動が早くなったお子さんはいらっしゃるでしょうか? 「早く」と言わずに 何と言えばいいのか、わからない時は、『何も言わない』という選択肢も考えてみては? 早くといわずに、待つ。早くといわずに、手伝う。
posted at 14:00:00

「早く!」「はやくしなさい~!」・・・この言葉を一日でも言わない日があるでしょうか・・・。だって行動が遅いんだもん。のろのろしてるから急かさないと遅れちゃう。・・・でも「はやく!」という言葉は効果的でしょうか? 「早く」と言わずに どう言えば いいのでしょう?
posted at 12:59:59

【言葉は魔法】少し大きいお子さんなら(お盆に載せたコップの水を運ぶ時)「上手に運んでね」で十分です。けっして「こぼさないように」ではなく。やったあとは「じょうずに運べたね!」と言ってあげてくださいね。
posted at 12:00:07

お盆にコップをのせ、中にはお水が入っている。(お水ならまだしも 牛乳だったり・・) うまく運べない年齢の子どもに限ってお手伝いをしたがります。「こぼしちゃうからダメ」とお手伝いの申し出を断りますか?
posted at 10:00:00

【通じる言い方】「走っちゃダメ」のかわりに「ゆっくり歩きます」あるいは「そぉ~っと歩くよ」もしくは「いちに いちに おさんぽ おさんぽ」・・・具体的にすべき行動を描写してあげる。
posted at 09:00:06

【言葉は魔法】「ほら、ころぶよ、走っちゃだめ~! ころんじゃうから!」こう言ったら 必ず子どもはころんじゃいますね。「ほ~ら、ころんだぁ、やっぱりね! だから言ったでしょ、走っちゃだめって!」・・・魔法をかけたのは誰れ?
posted at 08:00:06

【2010/09/08 20:42】 nanny_bot | トラックバック(-) | コメント(0) |
9月6日nanny_bot@twitter
否定語を使わない・・・・一日ためしにやってみましょう。ダメのかわりに何と言う? それしちゃダメ、じゃあどうすればいいのかを 言ってあげる。たとえば、「走っちゃダメ」のかわりに・・・
posted at 23:00:17

善でも悪でもないから、変わらなければならないというような必要性もなく、ただそれがそこにある、そういうものとしてその存在を認めることにより、それを愛することができる。
posted at 22:00:15

愛するというのは執着するということではない。愛することによって初めてそれを手放せる。ありのままを認め、それが善でも悪でもなくそこにあることを認識する。
posted at 21:00:03

子どもが、あなたにとって都合のいい行動をしたときだけ 褒めていませんか? ありのままを ほめちゃいましょう。 暴れていても、「今日も元気いっぱいだね!」 兄弟げんかをしていても「仲がイイねぇ。仲がいいほどけんかするって言うからね」
posted at 20:00:10

褒めることろがなくて困ってますか? では、「見た目」を褒めてください。 「笑顔がステキだね!」 「頭の形がいいね!」
posted at 19:00:05

ほめて育てなさいとは言うけれど、うちの子、どっこも褒めるところないわ・・。とお思いのあなた、まず着てる服を褒めることから始めましょう。「そのセーター良く似合うね!」にっこりして言うだけ。
posted at 18:00:08

「臆病な子」は「慎重な子」。 さあ、あなたのお子さんの いいところ みっつ あげてみてくださいね。
posted at 17:00:08

そのままのあなたでいいんだよ、って肯定してあげたいですね。 「仕切りたがりの子」は「リーダーシップがある子」。 では「臆病な子」は?
posted at 16:00:12

短所と思える子どもの性質も 「いいところ」と親が思えば大丈夫。「すぐに落ち込む子」は 「人のせいにしない子」。 では「仕切りたがりの子」は?
posted at 15:00:08

子どもの短所を長所ととらえてみましょう。 「性格がきつい子」は「自分に素直な子」。 では「すぐに落ち込む子」は?
posted at 14:00:13

見方を変えて、短所を長所に。 「うるさい子」は「盛り上げ上手」。 では「性格がきつい」は?
posted at 13:00:08

言い方ひとつで短所を長所に。 「おせっかいやき」は「思いやりがある」。 では「うるさい子」は?
posted at 12:00:13

人は自分でも自覚している長所を褒められることより、自分が欠点だと思っている部分を褒められたり認められたりすることのほうが何十倍もうれしいもの。
posted at 11:00:08

うちの子にはいいところがない!と思っちゃいますよね。短所ばかり目について。しかし、短所は長所の裏返し。つまり 短所=長所なのです。見方、言い方を変えるだけ。
posted at 10:00:08

アイメッセージの 3つの ポイント:「行動」「影響」「感情」・・・1.まず、相手の取った行動を描写する。2.次にその行動により自分が受けた具体的な影響について言及する。3.そしてその影響が自分に抱かせる感情について伝える。この三つを抑えたらパーフェクト。
posted at 09:00:10

一方、アイメッセージは 「相手の行動を変えていくのは 相手まかせ」。 指図はしていません。「私はどうなのか」を言うだけ。アイメッセージを受け取った相手は、自分からやる気になるので (自らが自分の行動を変えようと思う)すごい効果を発揮するのです。
posted at 08:00:13


【2010/09/08 20:41】 nanny_bot | トラックバック(-) | コメント(0) |
9月5日nanny_bot@twitter
Youメッセージ(相手が主語)は 相手を責め、批判していることになります。相手の行動を変えさせるために ああしろ、こうしろ と 語っているわけで、相手の反発を強く招いてしまうのです。結果、伝わらないのです。 いっぽう、アイメッセージは・・・
posted at 23:00:15

叱る、怒る・・・ちょっと意識を変えたら伝わり方が違ってきます。「主語」を 「あなたは・・・」ではなく 「わたしは・・・」にするのです。これを アイメッセージと言います。(アイは私はの I 
posted at 22:00:15

○○ちゃんは、~~が好きなのね。××が上手ね。●●しているときとっても楽しそうね。・・・観察して、いっぱい言ってあげてくださいね。
posted at 21:00:14

3歳までにその子が好きなことが将来の職業につながります。高校生になって私って何が好きなんだろ、と悩まない子にしたいですね
posted at 20:00:20

観察する力。これが親には必要。あなたのお子さんの好きなことはなに?
posted at 19:00:15

お子さんの「よいところ」10個挙げてみましょう。即座に言えますか?
posted at 18:00:16

読み聞かせは 子どもには心のごはん。 親には こころの癒し。 子どもの為に読んであげてるけど、実は親が癒されます。
posted at 17:00:16

同じ本でも 何回も読んであげてね。子どもが「読んで!」と持ってくる本を否定しないであげてね。たとえそれが図鑑でもマンガでも。
posted at 16:00:17

最近子どもが荒れてる、反抗ばかりする・・・そんなときは一日10冊(回)以上を目標に読み聞かせを一週間つづけてみてください。必ず変化が・・・。
posted at 15:00:15

小学校に入ったからって「一人で本は読めるでしょ」では読書好きにはなりません。いつまでもいつまでも「読んであげたい」と思ってる親を持つ子は本が好き。
posted at 14:00:19

怒ってばっかりで悪かったなぁ・・・では、絵本を読んであげてね。読み聞かせが嫌いな子どもって、本当はいないんです。
posted at 13:00:15

今日、お子さんとどんな会話をしましたか?「指示」「命令」「愚痴」以外の「会話」です。
posted at 12:00:20

語りかけ」・・それが国語教育の原点です。
posted at 11:00:21

子どものいちばん身近にいる あなたが どんな言葉を使って 生活しているか・・・それが多大な影響を子どもに与えています。
posted at 10:00:20

言葉が出るまでは 親は子に「言葉を教えている」という自覚がありますが、幼稚園保育園小学校に行くとその基本を忘れてしまいがち。
posted at 09:00:16

国語力ってどうやって身につけるの? 基本のキの字は その子の周りの人がどんな言葉で話しているか。
posted at 08:00:22


【2010/09/08 20:38】 nanny_bot | トラックバック(-) | コメント(0) |
事件!→その後
土曜に事件おきて、土曜日から喉がすごく痛い様子。
で、土曜日は夜も仕事だったのでme母に預けて仕事へ。
帰ったらme母はぐったり・・・
ぐずって、ぐずってすごかったと。
22時過ぎまで寝なかったらしい。

日曜日いつものようにme母に預けて仕事へ。
大丈夫だったみたい。

がしかし・・・
日曜の夜中から今朝にかけて、体中が熱くて熱くて・・・
ちょうど朝4時くらいに「どうしよう・・・」と思ってると
父ちゃんが仕事から帰って来たので助かった。
かわいそうなくらいぐずる(泣)
朝すぐに小児科へ。(すっぴんで)

事件が原因ではないようであった。
風邪のよう。
ただ事件があった時で重なったから、すごく不安だった。
でもよかった。

でも、しんどそう。
薬は前回同様しっかり飲んでくれるからOK。

今日は昼営業を仕方なくお休みに。
あんまり店を休みたくないんだけど、そんなん言ってる場合じゃなく
もし来店されたお客様がいらっしゃったら、非常に申し訳なく思う。
お許しください(ペコ)


明日は去年に家族旅行で京都に来られて
しかもjintaを選んで予約して来店されお客サマで、
それ以来のお付き合いしてるfamilyと
一緒に外出する予定でプラン立ててたけど・・・
ごめんなさい。

明後日にcafe jintaに来店してくださるとゆうコトで
ありがとうデス☆
楽しみにしてます♪

アーンド
Kが早く治りますように!



【2010/09/06 00:00】 baby | トラックバック(-) | コメント(6) |
9月4日nanny_bot
自信のある子にしたいですよね。親バカになって 子どもを認め褒め、ありがとう、うれしい を言い続けましょう。
posted at 23:00:25

「いーち、に~、さ~ん、ろーく、し~ち」・・子どもの数数えが上手にできなくても「じょうずね~」とほめましょう。ただただ、正しい数数えを聞かせてあげ続ければ、必ず正しく言えるようになりますから
posted at 22:00:25
おもちゃをおもちゃ箱に片付けるとき、「い~ち、に~、さ~ん・・・」と数えながら。「数かぞえ」を「聞かせる」ことは算数を得意にする基本。お片付けのときに使わない手はない。
posted at 21:00:25

お片づけ上手な子にするには、いっしょにやる、ありがとうを心から言う、お片づけもアソビにする。
posted at 20:00:26

蟻の行列をじっと観察してる時 「何してるの早く!」と急かしてませんか? しっかり集中して観察させてあげてください。そして「今集中してたね!」とほめてください。「集中」ってこういうことなんだって子どもはこうやって分かります。
posted at 19:00:22

子どもの夢中になれることを応援していますか?
posted at 18:00:28

うちの子は集中力がない とよく聞きますが 子どもは自分の好きなことには集中するものです。
posted at 17:00:25

「人格」をほめずに「行動」をほめましょう。
posted at 16:00:26

http://ow.ly/1dBy7 10代を通じあらゆる方法で「ここでおまえを見守っているよ」「あなたと一緒にいるのよ」 と伝え安心させてあげてください。どんなに大きくなっても子どもはいつも親の心のこもった励ましを歓迎するもの。子どもを支え励ますのは子育てで一番大切なこと
posted at 15:00:23

10代の http://ow.ly/1dBy7 子どもは大きくなったように見えても、まだ親を必要としています。子どもは 「私たちとの時間」と「まなざし」、そして「世話」を求めています。それから 「導き」を求めているのです。
posted at 14:00:31

10代の http://ow.ly/1dBy7 子どもは反抗しながらも親から学んでいく。私たちの言葉と行動が一致しなければ鋭く見抜いて批判する。説教にアレルギー症状を起こし始め聞く耳を持たない。価値観を言葉だけで伝えようとしても無理。行動で示さなければならない。
posted at 13:00:25

10代の http://ow.ly/1dBy7 プレッシャーをかけすぎると子どもは疲れてしまう 新しいルールを押し付ければ子どもはルールを破る方法を探す 好き勝手にさせると子どもは人の気持ちに鈍感になる 失敗を繰り返すと子どもは自信を失う 否定されると子どもは苦しむ
posted at 12:00:30

内発的動機づけとは好奇心や関心によってもたらされる動機づけであり、賞罰に依存しない行動。一方、外発的動機づけとは義務、賞罰、強制などによってもたらされる動機づけ。
posted at 11:00:28

何かいいことをしてくれたから愛してるわけじゃない。昨日できなかったことができるようになったから大好きなわけじゃない。何も足さずに何も引かずに その子の存在そのものが涙が出るほどウレシイ。ありのままのあなたでいい。そのままのあなたが好き。無条件の愛、伝えていますか?
posted at 10:00:26

「愛」は 広がり、解放し、送り出し、とどまり、明るみに出し、分け合い、癒すエネルギー。 「不安」は ちぢこまり、閉ざし、引きこもり、走り、隠れ、蓄え、傷つけるエネルギー。 人間の考え・行動はすべて、愛か不安に根ざしている。あなたのその考え行動は愛からか不安からか?
posted at 09:00:28

勉強よりも 愛情を伝えよう 母からはやさしさを、 父からは厳しさを 教えよう 同じ人間として、人格を認め、対等に接しよう
posted at 08:00:32



【2010/09/04 00:00】 nanny_bot | トラックバック(-) | コメント(0) |
事件です!
いつも土曜日は離乳食ステップupする。
朝早起きして作った。

おかゆ・じゃがいも・にんじん・かぼちゃ は、作り置き。
卵黄・豆腐はその時に。
今日は、お魚初挑戦。
これらを頑張ってたら、2時間もかかった。
思うようにミキサーが動かず・・・

今日は土曜保育なので、時間がせまる。
「時間ないからゴメンK送って行って~」と言い
急いで顔作り(←コレ大事)
父ちゃん戻って来て、なんだかんだして
ようやく仕事へ。。。

家とお店の間くらいにきたら
電話が。
なんか嫌な予感。
こんな時間に電話かけてくる人いないし。
自転車止めて見たら、保育園からだった。
一瞬で、「何?機嫌良かったし、熱じゃないだろうし。何?何?何?」と考える。
折り返し電話する。


<チョット中断。>

2010904事件


コレ何か知ってますか?
meは小さい時から見たことある。
プラスチックの小さい輪っかで、いっぱいつなげて
ネックレスにしたり、ブレスレットにしたり、
女の子が遊ぶコトが多いのかな?!
そうゆう物。
・・・・・・・・・。

<再開>

Kのひよこぐみさんでは、勿論ないもの。
土曜保育は人数が少ないと、年上のクラスと一緒に保育をするから
大きいクラスに移動するらしく、そこにソレがあったんだな。

そう。ビックリ!
これがつながってる物を口に入れてたらしく
引っ張って外れて、外れた物が口に入ってたらしく吐き出したと。

その後少し泣いて、呼吸がおかしい?! と先生が思い小児科へ連れて行きたいと。
そんな許可いらないから早く連れて行ってよ!!!

その小児科は、いつもKがお世話になってる小児科なので
引き返し急いで小児科へ。
ちょっとして先生と一緒にK到着。
急いで診てもらう。

「のどにひっかかったんかなぁ~
 のどは赤いわ。
 食道にひっかかってたらアカンけど、
 下まで入ってたら便と一緒に出るやろうし。
 ちょっと様子見て、吐いたりしたらアカンし
 大きい病院行って診てもらわな。」

聴診器あてても変な音は聞こえなかったらしい。
心配だけど、たぶん大丈夫だろうってコトで
保育園に引き続き預けるコトに。

15時頃に電話で状況を聞く。
機嫌はィイけど、離乳食の量・ミルクの量が少ない。

いつも保育園から帰ると、お風呂に入り、裸で楽しみ、
TV見て、授乳。
6時半から7時くらいに寝だす。
グズルといえば、オムツを穿かせる時くらい。
なのに、ずっとグズル。
喉は痛いみたいだ。

こうゆう時に限って、夜も仕事(泣)

一緒にいてあげれなくてゴメン。



今日は父ちゃんの誕生日なのに。。。
それどころじゃなくなった(泣)







【2010/09/04 00:00】 baby | トラックバック(-) | コメント(6) |
9月3日nanny_bot
あなたがいやだと思うことをしている、あなたの夫は、妻は、あなたのために現れた人間。このままのこの人をどうしたら好きになってあげられるか、私はこの人に何をしてあげられるか」と考えてみる。
posted at 23:00:32

私たちは発達進化し、自分自身になっていく存在。私たちは あらゆるものとの関係を活用して なにものになるかを 決定する。
posted at 22:00:31

すべての 人、コトガラ との関係は どれも 自分がナニモノであるか を決定するためにある。私は何者か 私は何をするか 私は何を与えるか 私は何を創造し経験しているか
posted at 21:00:36

相手がどうだ、こうだと 心を煩わせることほど 生きていくのに邪魔なものはない。人間関係において、ただただ 必要なのは 「自分がどう在りたいか」
posted at 20:00:35

今からでも決して遅くはないのです。なぜなら「発達に臨界期はない」からです。(臨界期=ある時期に能力を伸ばさないとその能力は一生獲得できないということ)
posted at 19:00:36

すべてのことを教えなきゃと思わずに、子どものありのままの姿を観察してみましょう。子どもが自ら、予測計画し、実行し、自己評価できるよう(PlanDoSee) 見守っていきたいですね。
posted at 18:00:32

古い常識=「子どもは誕生時は無能、成長するにつれ有能になる」 新しい常識=「子どもはもともと有能な存在として生まれてくる。その有能さが発揮されていく過程が”発達”である」
posted at 17:00:32

子どもの話を聞いていますか? 子どもの話を聞くのも忍耐が要りますね。1日に最低一回は、お子さんの目を見てしっかりうなずきながら笑顔で話を聞いてあげてくださいね。
posted at 16:00:32

「待つ」ということは「子どもの成長の過程を楽しんでいる時間」なのではないかしら。
posted at 15:00:29

大好きよって 声に出して 言いましょう。 褒めることが見つからない時は、「ありがとう」「うれしい」を使ってみましょう。
posted at 14:00:34

「ママは僕のことが嫌いなんでしょ」と子どもに言われたことがありますか? 一度も嫌いなんて言ったことないのに・・。どうして? (過去の私の経験です)わが子が好きなのは当たり前。でも毎日がみがみママだったからね。
posted at 13:01:56

親子関係は信頼関係。子ども自身が「ダメなところも含めて 愛されている」という自覚があるかどうか。さあ、どう 愛を伝えましょうか。
posted at 12:00:35

愛は忍耐。「自分で考える子ども」に育てたかったら「待つ」ことです。待って、聞いて、考える時間を与えて・・・愛をもって忍耐をもって、選択肢を提示したり、言葉をピックアップしてあげたり。
posted at 11:00:35

「失敗」させないように先回りして子どもにあれこれ指示したり教えたりしていませんか? 失敗を経験させましょう。子どもは失敗してこそ、自ら学びます。教えてもらったことより自ら気づき学んだことの方が大きいです。
posted at 10:00:34

「自分で考える子ども」に育ってほしいですね。日常生活の中で「指示する言葉かけ」「命令語」つい使っていませんか? 「質問」に変えてみましょう。
posted at 09:00:34

子どもが一番好きなもの、それはママの笑顔ですね。笑顔になるにはどうすればいい? まずは 求めない。期待しない。要求しない。・・あきらめなさいってことじゃないですよ。
posted at 08:00:40


【2010/09/03 00:00】 nanny_bot | トラックバック(-) | コメント(0) |
変顔
今日は結婚記念日。
今までは二人だったイベントも、
今年からは変顔Kくんが参加。
なかなかィイぞ!


2010814変顔

8月14日撮影



【2010/09/03 00:00】 baby | トラックバック(-) | コメント(4) |
9月2日nanny_bot

パパが仕事で遅い日も、食卓にパパのお箸、お椀・・揃えていますか? 不在でも子どもにはパパの存在をアピールしてね。「パパ、お先にいただきま~す♪」
posted at 23:00:40

アイメッセージ(私が主語)は子どもにだけでなく、配偶者、親、すべての人間関係に有効です。「あなたは~~~だから・・・」は相手を非難していることになる。「私はこう感じている」とメッセージを発しましょう。
posted at 22:00:39

過去と他人は変えられない。自分とこれからを見ていこう。
posted at 21:00:34

子どもをすくすくと育てるための基本・・・・「夫婦仲良く」・・・ むずかしい? たとえば、夫婦げんかしたときほど、子どもの前でパートナーをほめましょう。ママはパパのこんなところが好きで結婚したのよ。なあんて話してたら案外初心に戻れたり・・・。
posted at 20:00:41

ママたちへ・・一人で子育てしようとしていませんか?周りのみんなから育ててもらいましょう。子どもは自分から育っていきます。あたしが育てなきゃと気負わないで。
posted at 19:00:38

子どもが小さくても、まだ理解できないと思われても、大人に説明するのと同じように、詳細にお話ししてあげましょう。
posted at 18:00:40

「語りかけ」のこつ・・・・正しい日本語で話す。赤ちゃん言葉は使いません。「言葉のプレゼント」なのだから、最高のものをあげたいですね。
posted at 17:00:38

「実況中継」ママになりましょう。つまりは「語りかけ」。たとえば夜泣きの赤ちゃん。見るものすべてを言葉にしてああげます。
posted at 16:00:41

子どもに言葉をたくさんプレゼントすると、子育てが楽になります。まだ言葉が出ない子でもママの言ってることが理解できるようになり、癇癪が減ります。そうするとママのイライラも減ります。
posted at 15:00:37

子どもが生まれたら「言葉をプレゼント」しましょう。語りかけ、歌い聞かせ。「学ぶ力」のもとは「言葉」です。
posted at 14:00:42

童謡、何曲歌えますか? (子どもでなくてあなたが、ですよ)いまどきの歌も もちろんいいですよ。プラス、日本の「童謡」、親しんでみてください。まずは50曲。
posted at 13:00:39

歌をきかせる・・・もちろんCDでもいいですよ。でも子どもにとっては肉親の生の声で歌い聞かせてもらう歌が一番好き。音痴でもいいんです。
posted at 12:00:45

幼児教育の基本・・・・1.お手本を示す 2.いっしょにやる 3.真似してできるようになる 4.一人でできるようになる・・・・段階を追って たっぷりと。
posted at 11:00:44

乳幼児は学ぶことが好き・・・というのはゆるぎない事実。たのしく学ばせることができたら子どもはどんどん伸びてゆくものです。
posted at 10:00:41

お子さんが暴力をふるった時でも その子の人格を否定せずに行為をたしなめましょう。最初にその子の『思い』を認めいったん受け入れましょう。そのあとで行為をたしなめましょう。暴力のかわりに「こうすればいいよ」と提案しましょう。
posted at 09:00:42

小さいお子さんは自分の気持ちをうまく表現できません。よく観察しておいて、その子の気持ちを言葉で代弁してあげてください。今自分は悲しいんだ、今こういうことがあったから自分は残念な気持ちなんだ・・だんだん子どもはわかってきます
posted at 08:00:45


【2010/09/02 00:00】 nanny_bot | トラックバック(-) | コメント(1) |
9月1日nanny_bot
twitterで育児のコト見る時がある。
知ってる人いると思うケド、
してない人の為にupしよっと!

「 ナニーです。子育て一段落したごく普通の母親です。
仕事柄多くの子どもたちとママたちと触れ合っています。
自分の子育てを振り返り、一時間に一度の自動投稿(bot)で
「育児は育自」をつぶやきます。 」

と自己紹介されてる。


*子どもが叩いたり物を投げたり・・「ダメ」と叱っても子どもは自分の気持ちを否定されたと思ってしまいます。まず気持ちを肯定してあげましょう。抱きしめて。そのあとでその行為がいけないことだと教えます。


*子どもが遊んでいた相手におもちゃを投げた・・・「だめ!」と即座に叱っても、また次に同じことをします。まず、抱きしめます。そして「○○だったのね」とその子の気持ちを言葉にしてあげます。自分の気持ちを認められた子は次の言葉を受け入れる準備ができます。


*お子さんが乱暴することでお悩みのママたちへ・・・まず、子どもの気持ちを受け入れ認めること。どうして叩いたのかなげたのか、その子の気持ちになって考えてみましょう。叱るのはそのあと。


*愛とは 余分な手出しをせず じっと見守っていること。 愛とは 評価しないこと。


*お子さんが「ママ、だっこ~!」と甘えてきた時、「あとでね」とか「もうお兄ちゃんでしょ!」と突き放したことはありませんか?(そりゃあ、ありますよねぇ)けどもしもお子さんが今不安定な状態なら、どうぞ必ず応じてあげてください。「ママも抱っこしたかったの、ありがとう」と ぎゅ~っと。


*言葉で自分の気持ちをうまく表現できない子どもは、何らかの行為により相手の気を引こうとしたりします。乱暴したりした時も、まず子どもの気持ちを受け止めてあげてください。そのあとで、その行為は良くないことを教えてあげてください。


*お子さんが不安定なときの特効薬・・・『8秒間の抱きしめ法』・・・毎日8秒間、ぎゅ~っと抱きしめてあげてください。大きなお子様は後ろからでもOK。嫌がってもママがしたいから、お願い、させて!と。1週間続けてみてください。不思議と落ち着いてきますよ。


*指で12345と数えるのは2種類のやり方がありますね。指を数え折るやりかたと、指を数え立てるやり方。どちらもできるかな?


*ぐーぱーがじょうずにできるようになったら、指で12345と数える練習です。「1歳」や「2歳」を指であらわすのはは簡単かな?3歳は難しいですね。できてなくても褒めてあげて、繰り返したのしく遊ぶようにすると、必ず上手になっていきます。


*手、指 を動かすことは 脳にも直結しています。1歳児はまず、グーパー遊びから。グーパーグーパー、手遊びや歌に合わせて親子で遊びましょう。


*右手の指5本。左手の指5本。算数に便利ないちばん身近な道具は「手の指」。指を使ってどんどん数えましょう。


*物を数えることを幼児期にたくさんやってくださいね。「数」の世界はムズカシイ・・・「文字としての数字」「順番としての数」「量としての数」 3という文字と物が3つあるということ、また、3番目ということ・・・同じ3でもイロイロですね。


*小さいころはお風呂のでの数数え、よくやりましたよね?100まで数えてあがろうね、とか。パパの仕事かな? 小学生になってもやりましょう。昨日は150まで数えたから、今日は151からね。数えて聞かせるのが基本


*子どもは「試される」のが嫌い。算数が得意じゃないからって、「さあ、1から数えてごらん?」と怖い顔で言わないでね。数えたがらなかったら、数えて聞かせましょう。


*小学1年生でも2年生でも算数が得意じゃないお子さん、1からいくつまで数えられるかな?数数えが算数の基本です。200以上まで大丈夫?


*「がんばらなくっていいからさ とにかくうごくことだね」相田みつを


【2010/09/02 00:00】 nanny_bot | トラックバック(-) | コメント(0) |
マザーテレサより
祈ること、互いに愛し合うこと。
悲しみを分かち合うこと、一緒に喜ぶこと。
両親が手本を示せば、子供たちがこれらのことを
忘れることは決してないでしょう。

MOTHER TERESA


苦しみは神からの贈り物なのです。
それによってわたしたちは、キリストに最も似た者となるのです。
苦しみを罰と受け取ってはなりません。

MOTHER TERESA 生誕100年記念

meはクリスチャンではない。
仏教だろうが、なんだろうが、気持ちは一緒。
人に優しく。困っている人を助ける。
平凡に生きているmeには何も出来ない。
だからこそ、率先して行動している方々を尊敬します。
本日9月2日に誕生日をまた迎えるコトが出来た。
これも、両親や周りの人たちのお陰だと思ってる。
ありがとう。
心から。。。



【2010/09/02 00:00】 日記 | トラックバック(-) | コメント(4) |
子供同士
Kも相手が子供か大人かわかってるようで、
おばあちゃん家に遊びに来てた子達と一緒に遊ぶ。
大喜びしてたらしい。
meの知らない姿。

2010815山科従兄弟


8月15日me母撮影


【2010/09/01 00:00】 baby | トラックバック(-) | コメント(2) |
プロフィール

smile4me

Author:smile4me
thank U 4 coming♪
nice 2 meet U.
this is “me”.
i work at ↓

Cafe Jinta ♪

ameba blog☆

Link & comment is free !

Jintaウェブサイト Jintaウェブサイト


最近の記事

最近のコメント

what time is it now ?

月別アーカイブ

カテゴリー

見てくれてありがと!

みんなに愛を

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。